1. トップページ
  2. 出っ歯の場合

「出っ歯」の3タイプとは

出っ歯

「上顎前突」とも言われ、歯や上あごが前方に突出している状態です。歯が折れたり、唇が切れたりしやすく、危険です。

出っ歯

上あごが大きい

上あごが大きいことにより上顎前突になっているタイプです。

原因 遺伝的なものがほとんどであり、治療は困難かつ大がかりになりやすいとされています。
治療 あご骨を切る処置を含む外科矯正が必要となることもあります。

下あごが小さい

下あごが小さいことにより上顎前突になっているタイプです。

原因 遺伝的要因や食生活、指しゃぶりなどの癖、口呼吸など。
治療 あご骨を切る処置を含む外科矯正や、オトガイ部分にシリコンを入れる場合もあります。

前歯の角度

あごの大きさには異常がないのに出っ歯になっているタイプです。

原因 「子供の頃の指しゃぶり」や「舌で前歯を押す」などの癖によって、前歯が前方に押されています。
治療 矯正治療とともに、MFT(口の周りの筋肉や舌などのトレーニング)で癖を改善すれば、歯は自らの力で少しずつ元の位置に戻ります。
出っ歯の治療例はこちら!