1. トップページ
  2. 受け口の場合

「受け口」の3タイプとは

受け口

受け口は「下顎前突」とも言われます。下あごが上あごより前に出ている状態を指します。下顎前突には次のような3つのタイプがあり、それぞれ治療法が異なります。

受け口

下あごが大きい

下あごが大きいことにより、下顎前突になっているタイプです。

原因 遺伝的なものがほとんどであり、治療は困難かつ大がかりになりやすいとされています。
治療 矯正装置による治療または外科手術を行う場合もあります。症状によって治療の難易度の差が大きく、長期にわたって治療や観察が必要なケースもあります。

上あごが小さい

上あごが小さいことにより、下顎前突になっているタイプです。

原因 遺伝的なものがほとんどであり、治療は困難かつ大がかりになりやすいとされています。
治療 あごの骨を切る処置を含む外科矯正を行います。

日常の癖

あごの大きさには異常がないのに受け口になっているタイプです。

原因 下あごを前に出す癖がついています。
治療 癖の改善と、歯の角度の矯正治療を行います。比較的短期間で治療できます。
受け口の治療例はこちら!